カラマタの挿し木、鉢上げ2

こんにちはぁ、オリーブを日本一たくさん育てているサラリーマン、タカです。

今年は本当によく降りますねぇ、、

雨でうつうつとするときは、挿し木の結果を見るのが一番! 発根を確認した時の嬉しさは何度経験しても変わりませんね(^^)

オリーブの挿し木は比較的難しいと言われますが、ちょっとコツを掴めば誰でも成功します。

ということで、先週に続き非常にオリーブの中でも特に挿し木が難しいと言われるカラマタを見てみます。

ここ、家の北東側、朝だけ少し陽が当たる場所が僕の挿し木置き場。この中から昨年から挿しているカラマタを。

これも昨年9月から挿しているもの。

ついでにロシオーラ

こちらはなんと昨年8月、、

しっかり発根してますね。

いつものように、そうっと土を出していきますよ。

ん! なんか飛んでる!?

オスプレイ?

敵機襲来!!

適期のようです!

ん〜、昨年から挿しているものはとっくに発根していたのか?でも、定期的にペットボトルの裏はチェックしていたので根が見えたら気づくはず、、多少、出始めていた根が暖かくなって一気に伸びたのかもしれません。

鉢上げの適期かな(^^)

カラマタ2本、ロシオーラ1本

を鉢上げ。

カラマタは以前にも挿し木をして発根に成功したことがありますが、その時も年明け前から挿して、翌年の春以降に発根したように思います。今年の春から挿しているものは、このブログにはあげてませんが、大分枯れてしまってます。まだまだ結果はこれからですが、もしかしたら、カラマタは秋や冬に採取した挿し穂の方が良いのかもしれません、、接ぎ木の時に触れましたが、落葉樹の場合には接ぎ穂は休眠期に採取して、冷暗所で保管して暖かくなったら接ぎ木をするとのこと。休眠時期じゃないと新芽を生やそうとしてそちらに栄養が行ってしまうからだとか、、

カラマタの挿し穂もそれと似たようなことがあるのもしれませんね。

でも、まだまだ試験はこれからです!挿し木適期の今、頑張ってあと数百本、挿しますよ(^^)

#olive #How to grow olives   #oliveleaf #olivetree #garden #gardening #shonan #plants #オリーブ #ガーデニング #オリーブの育て方 #湘南 #庭 #オリーブ日本一 # Japan #The best in japan #施肥

カラマタの挿し木、鉢上げ2” に対して2件のコメントがあります。

  1. Cayonne より:

    僕は11月ぐらいから挿し木をして冬の間は部屋で管理しています^^
    発根も遅いですが、葉が落ちてしまうことも少ないです。
    去年は適季と言われるこの時期にもたくさん挿してみたのですが暑さで葉が全て落ちてしまったり、茶色く萎れてしまいます。
    熱くなりすぎないよういろいろ工夫してみるのですがなかなか…

    今はジャンボカラマタ、カヨンヌ、アザパ、ハーディーズマンモス、アスコラーナの5種類を挿してます。カヨンヌ以外は挿し木成功経験がないのでなんとか1つだけでも根が出ればと思っています( ´∀`)

    1. taka より:

      おはようございます。そうですか、、確かに寒い時期の方が挿し穂は長持ちするんですよねぇ、、でも寒い分、動きも遅いので発根まで時間がかかるので、一長一短なんですよねぇ。
      一昨年ですがミッションを7月に挿したら一ヶ月だ発根したんですよ。
      カヨンヌさんは、難しそうな品種を挿し木してるので中々結果が出ないのかもしれませんね。
      でも、きっとこれからどんどん成功すると思いますよ(^^)

コメントを残す

次の記事

オリーブ取り木の様子